腸の病気

潰瘍性大腸炎は、直腸から始まり結腸に広がる大腸粘膜に炎症・出血や潰瘍がみられる慢性の病気です。病気が良くなったり再発することを繰り返す特徴があります。家族内で複数の人がかかる場合もあります。原因は不明ですが、自己免疫病の一つと考える研究者もいます。 潰瘍性大腸炎の最も一般的な症状は腹痛および血液の混じった下痢です。発熱・吐き気・脱水・直腸出血・貧血・食欲不振・疲労感・体重減少・皮膚病変・関節痛・子供の成長障害などを伴うこともあります。潰瘍性大腸炎はまた、眼・肝臓・胆管や脊椎など大腸以外の臓器での病気を合併することもあります。 潰瘍性大腸炎の診断には、血液での貧血や白血球数の検査・便での白血球検査や大腸内視鏡またはS状結腸鏡検査などがおこなわれます。

多くの潰瘍性大腸炎は、免疫反応を調節する薬であるアミノサリチル酸やステロイド剤によって治療されます。これらの薬剤が全く効果を示さないときには、大腸摘出手術が考慮されます。潰瘍性大腸炎はときに激しい血液の混じった下痢による大量出血・発熱・腹痛・頻脈・低血圧および白血球数増加などを示す劇症大腸炎をおこすことがあり、この場合は手術の適応になります。 また大腸の筋肉が急に拡張して破裂することがある中毒性巨大結腸症をおこした場合にも、緊急の手術治療が必要です。大腸以外の合併症が重い場合に、病気がおこっている大腸の摘出手術をすると他の臓器での症状が改善することがあります。さらに潰瘍性大腸炎は結腸癌を発生する確率が高く、大腸内視鏡や病理組織検査で癌になる前の病変が見つかったときには癌化を未然に防ぐための手術による摘出がおこなわれます。