乳がんについて

放置すると腰痛や足のしびれがひどくなる恐ろしい病気。それが腰部脊柱管狭窄症です。早い内に正しい治し方を知りましょう。

乳がんとは、乳房の乳脂組織にできるがんのことです。 発症する人は年々増加傾向にあります。現在では20歳代から増え始め、40歳代後半から50歳代でピークになります。その中でも30歳代に急増するのが特徴です。日本でも徐々に若年化が進んでいると言えます。 乳がんと最も関係が深いとされているのはやはり食事です。中でも動物性脂肪の摂取量が深く関わってきます。 食の欧米化が進む現在は子どもの頃から蓄えられてきた動物性脂肪が、がんの若年化に大きく影響していると考えられています。ジャンクフードや便利な加工品が出回りそれに慣れ親しんだ若い人が多く、人間の体に必須なビタミンやミネラルが不足気味になっているのが現状です。 他にも飲酒や喫煙・運動不足などが発症リスクを高めるとされています。

乳がんなどの女性特有の病気は、ホルモンの影響など避けられない原因も多くあります。多くは女性ホルモンであるエストロゲンが原因となり引き起こされます。 出産経験のない人や初潮が早い人、閉経が遅い人などは長期間エストロゲンの影響を受けることによって発症しやすい環境にあります。 このような人は特に生活習慣を改善する、または悪化させないことでそのリスクを減らすことができます。 食生活では動物性脂肪のとりすぎには注意が必要です。飲酒も適量を守るように心がけましょう。 閉経後は肥満になりやすくなるので、生活の中に適度な運動などを意識的に組み込んで行くことが大切です。 このような生活習慣の改善は、乳がんに限らず他のがんや疾病の予防にも有効とされています。

注目の記事